Home » 日書協紹介

日書協紹介日本書道教育協会

日書協とは

「日本書道教育協会」(=日書協)は、生涯学習における書道の普及を図るとともに書道文化の充実発展に寄与することを目的とした団体です。
書道の教本であります月刊誌「習字 塾」を発行しています。毎月の課題作品を提出すると、段級位が得られます。
随時、どなたでも入会できます。(入会金無料)
「入会案内」のページ参照又は下記事務局へご連絡下さい。入会案内書をお送りします。

沿革

1980年(昭和55年)4月、「日本書写書道教育協会」として発足、
2001年(平成13年4月)名称を「日本書道教育協会」に改称し現在に至る。

事業目的

生涯学習における書道の普及及び書文化の向上発展を図る。

主たる事業

1、総合書道誌月刊『習字塾(文部科学省後援毛筆・硬筆書写検定及び学習指導要領準拠)』の発行。
 日書協情報紙『書の窓辺』の発行。
2、本会における段級位・師範等の認定。
3、書道講座・講習会、研究会、展覧会等の開催。
4、「毛筆・硬筆書写検定(文部科学省・各都道府県教委後援)」試験の団体実施。
5、ビジネス書道の研究(「書による産業と文化のコラボレーション」・「書道版プロボノ」の創造及び実施
6、その他書写・書道の学習支援・普及向上に関すること

活動範囲

静岡県内及び全国

Copyright(c) 2011 日本書道教育協会 All Rights Reserved.